ネットにおける誹謗中傷は許せない

何気なく閲覧しているインターネットですが、個人に対する誹謗中傷が問題になっていますね。顔が見えないのをいいことに、好き勝手に言いたい放題言い、個人の心を傷つけたり、身の安全を脅かさしたりしています。通常の生活であれば面と向かって言えないことも、どこの誰が書き込んでいるかわからないとなると、自分でも驚く程酷いことを書き込んだりできるようです。ブログなどを拝見していると、たまに「炎上」と言われる状態に出くわすことがあります。たくさんの人がその記事の内容に対して色々な意見を書き込んでいる状態です。その中には挑発的な意見も少なくありません。そして、一人を集中的に攻撃するかのような状態になることもあるのです。言論の自由と言う法律もありますが、人を傷つけようとして発するのは自由以前の問題だと思います。いくら顔が見えない状況だからといって、人を傷つける様な行為は決してするべきではありません。

ネットでの誹謗中傷にお悩みの方へ

ネットで誹謗中傷をされると、すごく落ち込んだり、怒りを感じることがあると思います。しかし、感情に任せても何も解決しません。まず、深呼吸して落ち着きましょう。その誹謗中傷は、どのような法律に触れるかを調べる必要があります。名誉毀損にあたるのか、または、脅迫、プライバシー権の侵害になるのかとかです。次に問題の書き込みを消す作業に移ります。本人にコメントを消すように伝えるか、コメントが書かれているサイトの管理人、ブロバイダに削除要請をします。題名に侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書とまず書きます。内容に、問題のURL、日付、書き込み場所、書き込まれている内容、どの法律に触れるか、その行為によってどれだけ精神苦痛を味わったかを書き込み、管理人に削除要請をだします。管理人が不在の場合はブロバイダと交渉をすることになります。なぜ被害者の自分がここまでしないといけないのと思うかもしれません。理不尽ですよね。誹謗中傷をしてる人はされている人の心の痛みを理解できないのでしょう。その人が成長することを祈って、許してあげましょう。そうすることで貴方が成長できると思います。

ネットの誹謗中傷被害を無くあす為に

最近ネットによる誹謗中傷被害を受ける人が多くなっています。ネットという相手が見えない世界で、相手の悪口を書く事で、それが事実でない場合も事実かのように多くに人の目に触れてしまうのです。誹謗中傷を書かれてしまった人にとっては大問題です。ネットを利用すれば簡単にブログなどに悪口など書くことが出来ますが、それによって多くの人を簡単に傷つけることが出来るのです。ネットは大変便利な物です。色々な情報を簡単に知ることが出来、上手に利用すればこんなに便利なものはありません。しかし、一歩間違った使い方をしてしまうと人を傷つけてしまいかねません。サイトなどに書き込みをする場合はそういった配慮が必要になります。自分がされて嫌なことは人にしないこと。それはネットの世界でも同じことです。是非間違った使い方をして相手を傷つけないように注意しましょう。